デスパレートな妻のLA日記

ladeswife.exblog.jp

オットの転勤により、長年の会社員生活に終止符を打って臨んだLAライフは、目からウロコなことばかり。読み物として面白い日記を目指します。

メキシコグルメ修行の旅 vol.3

空港からホテルに向かう道、お尻が浮き上がるほどガタガタの道路をすごい勢いで走るタクシーから見える風景は、何とも裏びれた感満載の風情。落書きだらけの壁や(それが妙にアートに見えたりするんだけど)雨にぬれそぼった屋台のテント。普段、全身から全力で「イェーイ!」と叫んでいるような能天気なLAに身を置いていると、このなんとも退廃的な風情は懐かしくも不安をかきたてるものでもあります。

一夜明けて、その気持ちはさらに強固なものに。美術館に向かうタクシーから見たものは、決して豊かには見えない人々と町並み。東京で仕事をしていたとき、中南米の企業に特化した「新興国ファンド」という商品を見ていましたが、そのとき抱いていた前途洋々たるイメージはがらがらと崩れていきます。今や、多くの日本企業がメキシコに進出し、LA経由でメキシコに出張するという方とLAでお会いすることも多いですが、経済の恩恵は、一部の特権階級が握っているのでしょうか。南米特有の政治汚職や麻薬問題なども解決されていないとのこと。当時、ファンドへの組入れ銘柄に出てきた企業の看板も見かけましたが、実際に足を踏み入れ、目で、肌でその国を感じるのは、紙上での理解とは比べ物にならないくらい大きなこととつくづく思いました。
ああ、塩漬けになった私の新興国ファンドよ、上がれ上がれ・・・・


写真は、グルメ修行の旅第一弾のホテルの朝ごはんです。もと、スペイン貴族のお邸だったというプチホテルは、インテリアのセンスが素晴らしく、非常に勉強になるものでしたが、朝ごはんがまた素晴らしくて。まさかメキシコでこんなおいしいクロワッサンに出会えるとは思いませんでした。でもこの日はBig Lunchが控えているので、ほんの味見程度に抑えておきました。

赤ギンガムチェックがかわいい。永遠のテーブルアイテム。
c0352492_372130.jpg


雨上がりのテラス
c0352492_3124924.jpg


オレンジジュースばっかり飲んでました
c0352492_3142889.jpg


スペイン語読めないけど、なんとなくわかった気分
c0352492_3153060.jpg



こちらのホテル、アンティークとモダンと、メキシコの明るい色彩と、すこーしだけアジアのエッセンスが入り交じって、不思議な心地よさを醸しています。高低差をうまく使い、光を上手に取り入れていたり、遠近法を使って広く見せたりと、日本の小さなおうちでも使えそうなアイディアも満載。バスルームが少々狭いのは、プチホテルだから仕方ないのかな。
海外にはこうして、決してゴージャスに飾り立てているわけではないけれど、オーナーのセンスで素晴らしくまとめられたホテルがよく見られますが、滞在初日にしてこうしたホテルに出会えたのはすごく嬉しい。どこにも行かなくていいからずっとここで過ごしたいくたいです。
c0352492_3264044.jpg
c0352492_3262880.jpg
c0352492_3261664.jpg
c0352492_326612.jpg
c0352492_3255532.jpg

[PR]
by lasantamonica | 2014-10-20 03:03 |